プロ野球-巨人復活ノート

巨人軍のこれからの復活とともに所感を記録していく

来シーズンのスタメン予測

やはり左の強打が不足している。

キャッチャーにこだわらず宇佐美に打撃で爆発してほしい。

編成は未来のナインをイメージしながら計画的に選手を取れているのかな。

 

予想スタメンと私の期待値は以下です。

※統一球になって以降20HR打てばHRバッターとしてよしみたいな空気感あるけど、.300 30HRが超一流バッターの指標だと思う。

 

野手

右:陽 .280 15HR

二か三:マギー .280 25HR

遊:坂本 .300 25HR

左:ゲレーロ .260 35HR

一:阿部 .280 20HR

三:岡本か二:吉川 合計 .250 10HR

中:立岡か石川 合計 .270 8HR

捕:小林 .240 5HR

 

投手

先発ローテーション

菅野:15勝

田口:12勝

畠:12勝

野上:10勝

山口:12勝

池田:8勝

 

中継ぎ

マシソン

田原

戸根

山口

桜井

 

抑え

澤村

マシソン

元巨人村田はどこへ

今年の春、村田は何色のユニホームを着ているだろう。

NPB12球団は総スカン。

あまりに冷たい。

 

たしかに チームの和を考えると、扱いにくい選手かもしれない。

週一でズムサタで垣間見せてきた調子乗ってんじゃねーという一辺倒な後輩・チームメイトへの暴言。
不定期に発生する2ブロックヘアへのビジュアルチェンジ。

また昨シーズン前半の代打起用期ではベンチ批判とも取られかねない、ヒマ発言も。

 

でも野球にはひたむきに取り組み、ホームラン王をとり、2000本安打を目指せる位置まできた。

原監督時代は一打席での冷遇といってもいいような交代にキレることもなく頭を丸めて誠意を見せたじやないか。

 

村田は体型とマインドが田舎のヤンキーみたいだけど、野球に取り組む姿勢は高校球児とかわらない真面目さがある。

 

もしどこも手をあげないなら、巨人が最後は契約すべきと思う。

巨人にはその責任がある。

 

再契約となると球団も村田も両者ともに格好悪い話ではあるが。

本来なら巨人が無償でもトレードを段取ってしかるべきクラスの選手のはずなのだから。

 

 

巨人復活ノート

巨人軍はいまが底辺。

打撃力の衰弱

2017年20本塁打打った選手ゼロ人は寂しすぎる。

人気の衰え

選手からの人気、世間からの人気もなくなってしまったように思う。

国内トップレイヤーの夢はメジャーへ、財力もソフトバンクに突き放された。(有力外国人選手はソフトバンクへ)

2軍選手による賭博問題、山口投手の暴力事件から選手管理・選手教育が腐敗していると懸念されても不思議はない。

スカウト・編成の迷走

一軍で結果を残し、さらに伸び代がある20代捕手が小林、宇佐美と2人いるなかでドラフトで社会人捕手を上位で2名指名。

選手への刺激で捕手のレベルをあげる狙いは斬新だけど、その前に外野、内野のポジションは埋まるのか?中継ぎ投手は?

未来の野手、エースへの種まきはきちんとできているのか?

これから上がるしかないはず

だからこそ巨人がこれからどう盛り返すのか見届けたい。

どのような作戦や方針で球団として成長していくのか興味深い。

・岡本に一軍での機会を与えるために村田放出

・一方でゲレーロの獲得

若手育成に舵を切るのか、今ではIT企業に勝ち目がないおカネの戦いをこれからも続けるのか。

巨人の復活への道は、まだ始まったばかりだ。